自分がその素晴らしさを知ると、まだ知らない人をちょっと愚かに思うおろかさってある。




すばらしかった。